mainvisual

五條楽園について

観光雑誌には紹介されない、ディープな京都。

五条大橋の南側、高瀬川と鴨川を挟んだ中洲に広がるエリア。かつて「五條楽園」の看板が掲げられていたこの界隈は、いわゆる「お茶屋」が集まっている場所でした。現在はその歴史の幕を閉じ、お茶屋の建物のみが残された閑静な街となっています。

古い建物と新しいものがよく調和した街。

けれども、風情ある建物をそのままにするのはもったいない。
とお茶屋を改装し、レストランや宿などお茶屋とは異なる営業スタイルのお店をおこす人たちも増えています。有名観光地とは一味違う京都を目当てに訪れる観光客や外国人の姿もちらほら。新しい街並みが育っていく様を見守るのが楽しみな界隈です。

下京区平居町_近隣地図

物件周辺

高瀬川のゆるやかな流れに沿って、風情ある建物が点在しています。一方で、新しく改装されたお店やアトリエの姿も。
散策が楽しい界隈です。

物件周辺の様子01
物件周辺の様子02

物件詳細

五條楽園に佇む、築百年以上の京町家。

今回ご紹介する二棟の町家も、かつては「お茶屋」として使われていました。部屋数が多く、一つ一つの造りが個性的。
洋風の階段があるかと思えば昔ながらの土間があったりと、和洋折衷の趣が随所に見られます。

北棟
南棟