庭をながめる日本家屋

龍安寺西ノ川町

周辺地図

界わいには、名勝や史跡の点在する歴史を感じさせるエリア。この辺りの風情に魅了され、芸術家が数多く住んだ土地でもあり、立命館大学の北側には日本画家・堂本印象の美術館があるなど、アートなエリアでもあります。

嵐電の竜安寺駅から龍安寺へ至るまでは古くからの龍安寺の参道となっており、駅の近くは小さな商店街、住宅街を抜けて龍安寺の近くになると、石畳に木立が覆いかぶさる良い雰囲気になっています。

あたりを散策するだけでも、京都の美しさや奥深さに触れることの出来る立地です。

  • 龍安寺徒歩約5分/約350m

    15個の石が配された石庭があまりにも有名。衣笠山の豊かな自然を取り込んだ境内には鏡容池という大きな池があり、周囲には柳やカエデなどが植えられています。思索にふけりながら境内を散策するのも乙なもの。春には石庭に桜が咲く様子も見られます。

  • 仁和寺徒歩約9分/約670m

    境内にある五重塔など多くの伽藍が重要文化財に指定されている寺院。遅咲きの御室桜という背の低い桜が植えられており、春のひととき、桜と五重塔の風景が訪れた人を和ませます。

  • 等持院徒歩約9分/約690m

    嵐電の駅名にもその名前が使われた寺院は、室町幕府の足利氏の菩提寺。庭園は夢窓礎石作と伝えられ、回遊式のお庭をゆっくりと巡ることが出来ます。

  • 妙心寺徒歩約9分/約690m

    境内には46の塔頭が建ち並び、通常公開されているものから季節を限って公開されているものまで、多くの寺院がある禅寺。境内を歩いていると、市中で托鉢する雲水さんの姿を見かけることも。